2020年度 夏 田んぼ10年プロジェクトに参加している皆さんの生き物を大切にして育てたお米を紹介するサイトを作ります。是非、情報をお寄せください。

【オンライン・イベント告知】3月22日「生きもの賑う農業」が主流化!

ラムサール・ネットワーク日本の「田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト」は、環境省の次期生物多様性国家戦略の策定にあたり、環境省とNGOの意見交換会や水田決議関連会議で、10年間のこれまでの活動の経験から、多くの意見を提出してきました。

今回のイベントでは、ポスト2020目標枠組みを意識しながら、特に現在とりまとめに向けて検討会を重ねている農水省の生物多様性戦略(国家戦略にそのまま盛り込まれる予定)の基本方針やビジョン案、今回の戦略の主な変更点に注目し、農業の生物多様性の向上を実現させるためのいくつかのポイントについて議論を深めます。

農業の生物多様性向上に関心のある参加者の皆さんとの議論の結果を提案としてまとめ、オンラインイベント最終回(4月7日)で発表し、提案実現をめざして活動していきたいと思います。

【チラシ】

■プログラム■
17:00  田んぼの生物多様性向上とは
・ラムサール・ネットワーク日本 呉地正行 (10分)
17:10  新農林水産省生物多様性戦略のポイント
・農林水産省大臣官房政策課環境政策室 三浦康和 (20分)
17:30  農水省の制度で生物多様性の向上を図るには
・オリザネット 斎藤光明 (20分)
17:50  「生きもの調査」による農業生物多様性の普及啓発と水田環境の健康診断及び改善  (30分)
・全農ビジネスサポート広告企画部 山崎敏彦
・NPO田んぼ 舩橋玲二
18:20  生産現場と消費者をつなぐー生物多様性を育む農業を支援するための仕組みづくり  (30分)
・コープデリ生活協同組合連合会副理事長 永井 伸二郎
・河北潟湖沼研究所 高橋 久
18:50  パネルディスカッション (40分)
19:30  閉会
■お申し込み■
こちらのフォームからお申し込みください。
前日までにZoom会議室のリンクをお送り致します。
■お問い合わせ■
ラムサール・ネットワーク日本
T&F.03-3834-6566
info@ramnet-j.org

この分科会イベントは令和2年地球環境基金の支援を受けて実施しています。